この不思議な、真珠と宝石のコラボレーションは、当社が開発したオリジナルエリアです。当初は真珠のアクセサリーとしての特異性からか、ちょっと考える真珠ファンもありましたが、使ってみるとその出番の多さに改めてこの個性的なアクセサリーの価値を見出していただき、じわじわと人気が上がっています。日常の中で出番が多くなるのは、改まらない面白さ、素材が貴重なので気分が良い、個性的で品がある、ボリュームが大きくないのでちょっとしたオシャレに豪華過ぎず気が利いている、デザインはどこにも無い、周囲の人が「それ何?」と聞く楽しさがある、などの要素があると思われます。鎖を通す黒い金具(K18WG燻し加工)もセピアロマンと呼ぶ当社のオリジナル加工です。ヨーロッパ的のような和風のようなクラシックな趣が愛されています。全工程が大変手がかかるため、あまりたくさんの製品が作れず今回は二点です。こちらは透明感の高い虹色のオパールが黒真珠のケシの中で神秘的に輝きます。

品番:P-123 / 価格:¥110,000 / 真珠の種類:黒真珠(黒蝶)ケシー12.5×13.0 ㎜  /天然石:オパール(3.5×5.5㎜) / ペンダント金具:K18 white gold, 手造りオリジナル、黒燻し加工(5.7×6.0㎜)/ 鎖:K18 white gold 喜平型、45㎝スライド式,¥37,000 /天然石ネックレス:クリソプレーズ ¥4,000,  2.2㎜、全長47㎝、 /

秤谷真珠